Skip to content

生命保険の特約って何か知つていますか

さて、特約という言葉が出てきましたが、特約とはいったいなんでしょうか?それは、「おまけ」という意味なのですが、生命保険にまつわる悲劇の多くはこの特約の意味をしっかり知っていないことから起きることも多いようです。生命保険に加入するときに、特約をすすめられます。例えば、保険契約するときには、一生涯でいつ何時亡くなっても死亡保険金がもらえる終身保険などにまず入ることになります。これを「主契約」といいます。

今の保険はひとつの保障だけでなくて様々な保険をひとつにまとめてしまっています。その中の大黒柱になるのが主契約です。あなたの保険の中心なのです。保険証券を見れば、主契約、○ × 保険と書いてあると思います。逆に、特約とは簡単にいうと、この主契約に付けたオプション、付帯契約で、いわばオマケ( 無料ではないのですが) のことをいいます。

保険証券には○ × 特約などと書いてあります。例えば先ほどの定期特約付終身保険ならば、終身保険が主契約で定期保険が特約です。特約の特徴としては、同じ内容の保障を特約でなく主契約として加入するよりは、保険料が若干安くてすみます。

また、主契約での医療診断があれば、特約に入る時には医療診断などが免除されることが一般的です。ですから特約は、少し安くて便利な保険という側面があるのです。ここで、もう一度申し上げておきますが、特約は主契約につけたオマケのようなものです。ですから、主契約が有効である期間だけの契約となるのです。主契約が終了した時点で、特約も自動的に終わってしまうのです。特約がいくつついていてもすべて終わってしまうのです。ここで様々なことがおこります。

近年は入院特約といったものを、契約者本人だけでなく、本人・妻型、本人・妻子型、本人・子型といった医療保障の家族特約を同時に加入することも多いのです。こうした形で特約に入るとどうなるでしょうか。

たとえば、ご主人が主契約者で保険契約を結んで、同時に本人妻型で医療特約に加入していたとしましょう。となると、主契約者であるご主人が亡くなってしまった場合にはどうなるでしょうか。まずは、ご主人が亡くなって支払われる死亡保証金が支払われるでしょう。ただし、そこで特約を含めた保険契約のすべてが消滅してしまいます。

生命保険に入る際は、様々な知識を知っていた方がいいですが、保険の窓口やみつばち保険などの、無料保険相談の口コミがたくさn載っているので参考になります。

終身保険なら加入後も保障内容変更

ここでは、もうすぐ結婚するという人にお勧めの保険商品を紹介します。まず、男性には終身保険をお勧めします。この終身保険は、「子供が生まれた」「子供が成人した」といった場合、家族にとって本当に必要な保険に、その時々で変えていくことができるものです。

加入後も保障内容を生活に合わせて変更することが可能です。たとえば、子供が生まれたら定期保険特約などを付加して、安い保険料で子供たちが成人するまでの期間のみ、死亡保障に厚みをもたせることができます。

死亡保障に厚みをもたせるということは、万が一、不測の事態が起きても、子供が成長していくための生活費を残してあげることができるということです。また、保険料の払込みが終了すれば年金や介護保障を受けることができる保険に変えることもできます。

さらに保険料の払込みが終了すれば、何らかの理由でやむを得ず解約したとしても、払い込んだ保険料以上のお金が戻ってくるようにもなっています。ここでは、生保会社の最大手・日本生命の終身保険を紹介します。上の図は、二九歳の男性が一生涯、死亡保障のある終身保険レインボープランに加入した場合の保険料と保障内容です。この終身保険に付加している特約は八〇歳まで有効です。

ただし保険料の払込みは六〇歳で終了するため、特約として付加している入院特約保険料の有効期間の残り二〇年間分を契約者は、まとめて支払わなければなりません。なんといってもレインボープランの魅力は、配当金を生存保険金を買増す方法で受け取ることができる点にあります。

つまり、保険加入後三年目から支払われる配当金が生存保険金の保険料にあてられ、保険料払込満了時および以降五年ごと毎年、被保険者が生存している限りは支払われます。さらに保険料払込終了後は、七種類の保障のなかから保障内容を選ぶことができます。

結婚までに数年あるなら養老保険特約を付加する

また、結婚まであと五年といったように期間がある人には、希望金額を満期金に設定した養老保険特約を付加するのもよいでしょう。

これは希望金額を満期金に設定でき、しかもその満期時をあらかじめ五年とか一〇年と指定することができます。結婚といったまとまった資金の必要なイベントに対して、金額面での予定が立てやすくて便利です。ただし、あくまでも養老保険を特約として付加するわけですから、先述の定期保険特約を付加するのと違って、決して安い保険料ではありません。

しかも主契約として支払うべき保険料プラスアルファ特約としての死亡保障と満期金の保険料となりますから、「これだけで五〇〇万円貯める! 」という具合にいかない点が、貯蓄という意味では弱いかもしれません。

保険料金は総額でいくら支払う?

生命保険料は20年、30年以上という長い期間にわたって支払うものなので、「気がつかないうちに、1 千万円を超えていた! 」というのは、珍しいことではありません。これが、生命保険が「家の次に高い買い物だ」といわれる理由です。

たとえば、毎月3 万円を支払うと1 年では36万円。30年間支払い続けると、1080万円にも達します。生命保険文化センターが平成21年に行なった調査によると、I 世帯あたりが1 年間に支払う保険料は、平均で45万4 千円。もちろん、全部が掛捨というわけではなく、なかには貯蓄性の保険も含まれていますから、戻ってくるぶんもあるでしよヽつ。

しかし、生命保険に加入して「いざというときに備えた」結果、月々4万円の保険料を支払うことになり、老後のための資金を思ったように貯められないということにもなりかねません。保険料を支払っていることで、保険会社に積立をしているような気分になりますが、そうではありません。私たちが支払った保険料は、みんなのものとなり、死亡した人や病気をした人に支払われるというのが生命保険の基本です。

終身保険、定期保険、収入保障保険、個人年金保険……。様々なタイプの保険があふれていることが私たちを惑わせる一因だろう。それぞれの保険がどのような保障をしてくれ、自分に必要なのはどんな保険なのか。まずは、各商品の特性を知ることが賢い保険選びの基本です。

子育て世代の保障は高額になることが多いものです。死亡保険の基本は、掛捨型。掛捨型の代表的な保険は、定期保険や収入保障保険です。一定期間のみの死亡を安く保障していますから、子育て世代にはピッタリでしょう。高額な保障を確保しつつ、保険料をおさえたいなら、収入保障保険を検討してみましょう。

補償内容と保険料のバランスでは?

割引は上限だけどもつと安くなるのか?

私の場合、無事故割引は上限の16等級。これまでは60%割引のメリ。卜を生かし、補償内容の充実した自動車保険を選ぶようにしてきた。ところが、ある日のこと、「優良運転者なら最大40%も安くなる! 」という広告が目に入った。もし、それが本当なら大幅節約になるわけで、ちょっと調べてみることにしたのだ。まずチェックしてみたのは外資系のリスク細分型保険。

「ゴールド免許で安くなる」という触れ込みのアクサダイレクトをインターネットで探してみることにした。サイトもすぐに見つかり、さっそく見積りを取ろうとしたのだが、入力するデータの多さにひと苦労。それだけ多くの条件でリスクを細分化をしているのだろうが、「新車で買ったのか? 」とか「ローンは使ったか? 」といった保険とはあまり関係なさそうな質問も出てくる。

そして、質問の多さのわりには、保険料は激安とまではいかなかったのである。

人身傷害付きでも外資系はかなり安い

次に調べたのは、早くからリスク細分型を売り出したチューリッヒ。こちらも質問事項はそこそこ多かったものの、保険料の安さはダントツ。インターネット割引もあるし、ここまで安ければ多少の面倒くささも納得できるというものだ。

ちなみに保険料の方は、5000 万円の人身傷害保険付きで3万5280円。これは現在加入している安田火災のカーオーナーズ保険ONE と較べると、実に35%も安い。

まさに「広告に偽りなし」だったのである。はやる気持ちを抑えて、次にウインタートゥル・スイス保険のサイトをのぞいてみると、ここは事故経験者や若者でも安くなりますといった触れ込み。「ということは… …」という予想どおり、保険料はけっこう高め。私の条件には合わない感じだ。最後に、昔から掛け金の安さで知られているJA 共済もチェック。

近所の農協に出かけ、窓口で見積りをお願いしてみる。ちなみに、JA の共済は組合員でないと加入を断わられたりすることもあると聞いていたが、私の訪ねた船橋市の農協は問題ナシだった。ただ気になる保険料の方は、一般的なSAP だと安いが、人身傷害まで付けるとちょっと割高。国内損保と大した差はなかったのである。

私たちの体にはどれだけの水が必要か

 私たちのカラダの大半は水分で構成されています。たとえば体重60キログラムの成人男性ではおよそ36キログラム、また50キログラムの成人女性の場合は25キログラムと、非常に多くの水分を含んでいます。

それでは私たちは1日どれくらいの水を必要とするのでしょうか。これにはいくつかの学説がありますが、一般的には1日2リットルから2.5リットルとされています。

ここで水分と言えばすぐにお茶やジュース類を想像しますが、これには主食のごはんやパン、おかずの野菜、果物などに含まれているすべての水分も含まれています。

また生体内(カラダの中)でつくられる代謝水も含まれます。したがって、人間が1日に摂取する水の量は、飲料水と食物からとる水、それに代謝水を加えたものです。なお、代謝水とは三大栄養素が体内で燃焼して生成する水のことです。  一方、排泄水もこれとほば同量になりますが、皮フと肺から放出する不感蒸発が0.9リットルくらいありますので、尿として体外に排泄される水分は1.6リットルということになります。

もちろん、この中には糞便中の水分100ミリグラム150ミリリットルも含まれています。 なお、ここでは発汗による排出は除いてあります。

また、尿の量は冬期に比べ夏期には減少する傾向がありますが、これは気温の上昇とともに表皮からの発汗量が増すためです。このように多少のバラツキはありますが、いずれにしても健康なカラダの人は摂取した水分量と排出される水分量はほぼ同じになります。このバランスが崩れて摂取した水分と排出された水分に差が生じると脱水症状や腹水が現れ、生命の危険にさらされます。

なお腹水の主な原因は、肝硬変、門脈血栓、腹膜炎、その他心臓疾患、腎臓疾患などにもみられます。